FC2ブログ

信州不動産の不動産手引き

夢のマイホームを手に入れるため・素敵なお部屋を探すためのお手伝いブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

目からウロコの土地探し

その1南道路と北道路

住宅地を探している場合、皆様でしたら下図のどちらを購入しようとされますか?
mimaidouro1.jpg
多くの方が、右側の南道路である土地をお選びになると思います。
物件の売り文句にも「南道路で陽当たり良好!」なんて、弊社でもよくうたいます。
しかし、だから北道路は良くないかというと、どちらにもプラス面・マイナス面があります。
[南道路]
陽当たりがよい
住宅の南側が玄関スペースに取られてしまうケースが多い
前面道路から庭・リビングが見えてしまう

[北道路]
陽当たりが南道路よりは悪い
住宅の南側全面に居室(リビング、ダイニング、個室等)を配置出来る
庭、リビングが前面道路から見えない

土地の形状によって変わってきますが、一般的にはこのようなことが言えると思います。
インターネットや広告等で土地の情報を調べたとき、北道路だからダメ!とおっしゃらず、是非上記の点を踏まえて、現地をご覧頂き検討して頂きたいと思います。




その2土地の形状について
mekarauroko2.jpg
さて、上図の3つの同じ面積の土地が売りに出されています。どれも北道路で、価格もご予算内、他の環境条件等は同じだとしたら、どれをお選びになりますか?

2の正方形の土地は地型だけみると、とても魅力的に感じます。しかし、実際に建物や駐車場を配置すると、南側の陽当たりを確保するのが難しいのです。(下図参照)
1は南北に長い分、建物の東西の幅は狭くなりますが、南のスペースにゆとりが生まれます。
さて、最後の3ですが基本的にこのような不整形な土地は正方形や長方形の地型の土地より若干価格が安めに設定される場合も多く、建物・駐車場を配置してみると南側隣地との距離が取れます。
makarauroko3.jpg
このように土地だけ見る場合と、建物等を配置して考える場合とでは、違った見方が出来ると思います。判断するのが難しい場合には、建築をお願いしようとしている設計士さん・工務店の方、不動産業者に聞いてみると、いろんな提案をして貰えるかもしれません。
場所はいいけど土地の形が悪いから・・・と諦めないでください。そんな物件の中に、意外にお得な物件が隠れていたりしますよ。

スポンサーサイト
  1. 土地/発想の転換
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。